2018年5月20日日曜日

24名古屋/25大阪/27京都ツアー!!

さあ、いよいよ今週、名古屋、大阪、京都ツアーです!

それぞれに全く違うイベントになると思います。

名古屋は、ゲストハウスなどを運営し、いろいろと手づくりしてる藤田恭兵さんがよんでくれました。(本読んですぐ連絡くれて、東京に見にも来てくれた!)

大阪は「ベストセラーは売らない!」気合の入った心斎橋の本屋スタンダードブックストアさん!

京都の「会議船バッブンカッ!」は、蟻鱒鳶ルの名付け親マイアミたちが頑張ってる新しい場で、「培地」と名付けられたイベントは二日間盛り沢山のお祭りです。


なかなか、東京以外でイベントやる機会はないし、どれも面白い会になるよう頑張り鱒ので、どうぞ遊びに来て下さい。


行商もし鱒。

「バベる!」と「蟻鱒鳶ル小」も持っていくのでどーぞヨロシクお願いします!!!


24日、名古屋    https://www.facebook.com/events/2294010333946806/


25日、大阪   http://www.standardbookstore.com/archives/66281854.html


27日、京都    https://www.facebook.com/events/1797468853893099/?ti=icl


***26日、27日「培地」https://www.facebook.com/events/241115786448101/?ti=icl***




iPadから送信

2018年3月26日月曜日

ジャカゴンクリート!

自然素材、人間の手技などに興味を持ち走りまくってる友人・林剛平が、
竹工芸の人間国宝の勝城蒼鳳さんに学びに行って作ってもらった蛇籠。
(蛇籠は、この中に石を入れ川の流れを変えたりするのに使うモノ、)
その内側に農業用のビニールを仕込み、ぶら下げ、コンクリートを打設した。
膨らむコンクリートをシッカリと受け止める美しい蛇籠を見ながら、
気を高め作業した。
作業終え、タロウと花見!
上手くいったねーーー!!!

2018年3月8日木曜日

本が出る。
僕は本を読めない人なので、文章もま〜書けない。
ここ数年、ツイッターとブログが良い稽古にはなってるけど、読まない人間は言葉のボキャブラリーが兎に角少ない、長い文章を構成していく脳も無い。
だからキホン、しゃべり続けただけ。
ライターの萱原さんは飽きもせず聞き続けてくれたし、夏の高山建築学校にも参加してくれた。
四年くらいかかったのかなぁ、編集の柴山さんは、一冊の本にこんなに時間がかかるのは初めてですよと、苦笑いしてた。
遅くなる原因は、岡のチェックの出来無さ、
自分が喋ったモノを読み易く萱原さんがまとめてくれただけなのに、原稿を読めない、何時間も何時間もかけ、何度も何度も読んで少し意味が解ってくる、、そして「こういう事じゃ無いんです、、」とブツブツブツブツ、どう言って良いのか分からないモドカシイ自分の気持ちを又喋る。萱原さんが修正してくれる、、それを読んで又ブツブツ修正をお願いするの繰り返し、。
ダメだ〜無理〜、何度も諦めかけた。
でも柴山さん明るいし、。

タイトル「バベる!」は途中まで却下され続けてたんだけど、
ある時、なんだかシックリいったんです。イケる!って。

で、数日前「バベる」は若者言葉にあるらしいと小耳に挟み調べてみた。

【うまくコミュニケーションがとれずに言葉が通じないこと。
会話が成立しないこと。話がかみ合わないこと。】

ふむ。

筑摩書房から4/17発売、2200円+税。

よろしくお願いいたし鱒。