2018年11月27日火曜日

次の段階に入り鱒〜!

1122日、[蟻鱒鳶ルは法律ちゃんと守れてるのかチェック]があった。

この日の為にここ数年は、手直し作業や大量の書類の整理に追われてたし、最後の一月は、

日頃グータラしてる岡じゃないくらい、時計を見つつシャカシャカと働いた。

最後の最後に単管足場を全部外す作業をした。

何だか不安だった。

べつにシートで覆われてるわけじゃないのだから、単管があったトコロでほんの数%視界が遮られてるだけなのに、その単管がなくなり全貌がハッキリと見える事に不安があったのだ。

蟻鱒鳶ルは作り続けている事が美しい、などとよく言われていた、

「建設中」を示すこの単管が、蟻鱒鳶ルにイキイキとした生命感のようなモノを与えていて、無くなったら、急に寂しくなって、つまらなくなるかも知れない、そんなチョボい不安だ。

単管を外しはじめると、それは全くいらぬ不安だった事がわかった。

単管が有ると、垂直、水平が強調され、躯体の微妙な傾きなどわかりづらかったけど、

なくなると、(どう考えながら作っていたか)がハッキリとわかるし、

考えもしなかったし、予想もしてなかった面白みがどんどん見えてくる。

まるで、大きな化石が発掘しているかのようなワクワク感!

コレは良い!

うれしさがこみ上げて来た。


22日、無事検査を終え夕方まで手直し作業をした。

帰りぎわ、一枚だけ写真を撮ってツイッターに上げた。

ビックリした、ものすごくRTといいねがつきだしたのだ。

僕が思っている以上に、足場のとれた蟻鱒鳶ルが、多くの人に評価されたのだ。

RTいいね如きでと笑われるだろうけど、僕はうれしくてちょっと涙が出た、チョロっとね。

蟻鱒鳶ル作りは新しい段階に入る。

作り上げるのだ、頑張る!

乞うご期待!!


こういうチェンジの時に、なぜか一人でアメリカにいる。

ペンシルベニア州立大学のギャラリーで、僕の小さな展覧会がはじまるのだ。

オープニングパーティーに出て、講演して帰って来るのかな、、(良くわかっていない、。)


2018年6月30日土曜日

ラジオ週間!

7月の第1週は、蟻鱒鳶ル保存会広報部ラジオ週間!!!!!
岡は、ナマで喋れるのか!
これは修行か!!!

火曜、TBSラジオ「アフター6ジャンクション」6時半〜
木曜、NHK「すっぴん」朝9時〜
土曜、文化放送「なかじましんや土曜の穴」昼12時〜

ヤバいぞーーー!!!!

2018年5月20日日曜日

24名古屋/25大阪/27京都ツアー!!

さあ、いよいよ今週、名古屋、大阪、京都ツアーです!

それぞれに全く違うイベントになると思います。

名古屋は、ゲストハウスなどを運営し、いろいろと手づくりしてる藤田恭兵さんがよんでくれました。(本読んですぐ連絡くれて、東京に見にも来てくれた!)

大阪は「ベストセラーは売らない!」気合の入った心斎橋の本屋スタンダードブックストアさん!

京都の「会議船バッブンカッ!」は、蟻鱒鳶ルの名付け親マイアミたちが頑張ってる新しい場で、「培地」と名付けられたイベントは二日間盛り沢山のお祭りです。


なかなか、東京以外でイベントやる機会はないし、どれも面白い会になるよう頑張り鱒ので、どうぞ遊びに来て下さい。


行商もし鱒。

「バベる!」と「蟻鱒鳶ル小」も持っていくのでどーぞヨロシクお願いします!!!


24日、名古屋    https://www.facebook.com/events/2294010333946806/


25日、大阪   http://www.standardbookstore.com/archives/66281854.html


27日、京都    https://www.facebook.com/events/1797468853893099/?ti=icl


***26日、27日「培地」https://www.facebook.com/events/241115786448101/?ti=icl***




iPadから送信

2018年3月26日月曜日

ジャカゴンクリート!

自然素材、人間の手技などに興味を持ち走りまくってる友人・林剛平が、
竹工芸の人間国宝の勝城蒼鳳さんに学びに行って作ってもらった蛇籠。
(蛇籠は、この中に石を入れ川の流れを変えたりするのに使うモノ、)
その内側に農業用のビニールを仕込み、ぶら下げ、コンクリートを打設した。
膨らむコンクリートをシッカリと受け止める美しい蛇籠を見ながら、
気を高め作業した。
作業終え、タロウと花見!
上手くいったねーーー!!!